Go to Contents Go to Navigation

20年世界成長率をさらに引き下げ 韓国はマイナス2.1%=IMF

経済 2020.06.24 22:00

【ワシントン聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)は24日、世界経済見通しを改定し、2020年の世界経済の成長率をマイナス4.9%と予測した。新型コロナウイルスの大流行による影響と、これによる不確実性などを考慮し、4月時点のマイナス3.0%から1.9ポイント引き下げた。

IMF=(聯合ニュース)

 これとは別に、IMFは韓国や米国、日本、中国などを含む30カ国の20年、21年の実質国内総生産(GDP)見通しを公表。韓国の20年の成長率はマイナス2.1%と、4月時点から0.9ポイント引き下げた。21年の成長率はプラス3.0%と予想した。

 韓国は世界経済が全般的に悪化する中でやや下方修正されたものの、多くの先進国に比べると引き下げ幅が比較的小さかった。補正予算や積極的な財政・金融政策の効果などが反映されたようだ。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。