Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月24日)

◇北朝鮮軍 宣伝用拡声器を迅速撤去

 北朝鮮が南北軍事境界線付近の前線地域に再設置した宣伝放送用の拡声器の一部を撤去する動きが24日に確認され、その背景に関心が集まっている。拡声器の撤去は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が前日開いた党中央軍事委員会の予備会議で韓国に対する軍事行動計画を保留したことと関連があるようだ。また、南北間の軍事的緊張をさらに高めるのではなく様子見をするという意図があるとの見方も出ている。韓国軍当局によると、北朝鮮は21日午後から30個を超える拡声器を再設置したが、このうち10個余りを撤去する動きが捉らえられた。軍当局は北朝鮮が拡声器の再設置と撤去を行った意図について分析している。

金正恩氏=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇釜山港入港のロシア船舶 船上で検疫実施

 韓国政府が24日から釜山に入港する全てのロシア船舶に対し、検疫官が船上で検疫を実施する方針を示した。釜山・甘川港に入港したロシア籍の貨物船の船員17人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことで、書類提出のみの形式的な検疫など港湾の検疫体制に不備があるとの指摘を受けての措置だ。中央災難(災害)安全対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官は同日の定例会見で、港湾の防疫管理強化策について説明し、「釜山港に入港する全てのロシア船舶に対し船上で検疫を実施する」と述べた。

◇新型コロナ新規感染者 再び50人台に増加

 中央防疫対策本部は24日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から51人増え、計1万2535人になったと発表した。死者は前日と変わらず計281人。集団感染の拡大が収まらず、海外からの流入事例も増えたことで新規感染者数は再び50人台に増加した。防疫当局は市中感染の連鎖と海外からの流入拡大を同時に防がなければならない状況に直面している。

◇ロッテHDが株主総会 会長の取締役解任案否決

 日本のロッテホールディングス(HD、本社・東京)が24日に東京で開いた定時株主総会で、辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長の取締役解任を求める議案が否決された。ロッテグループと東京の消息筋によると、ロッテHDの筆頭株主の光潤社が提出した辛会長の取締役解任議案などの株主提案が全て否決された。光潤社の代表取締役社長は、辛会長の実兄で元ロッテHD副会長の辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)氏だ。東主氏は、韓国ロッテグループ会長も務める東彬氏が朴槿恵(パク・クネ)前大統領とその友人への贈賄罪に問われ昨年、有罪判決が確定し、ロッテグループのブランド価値と評判、企業価値が損なわれたとして、東彬氏の取締役解任を求めて株主提案した。

◇韓国高官の兪明希氏 次期WTO事務局長に名乗り

 産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)が24日、政府庁舎で記者会見を開き、「発足以来最大の危機に直面している世界貿易機関(WTO)の体制を元に戻す」としながら、WTOの事務局長選への立候補を表明した。兪氏は「韓国は世界7位の輸出国であり、自由貿易の秩序を支持してきた通商の主導国だ。今、危機に直面しているWTOの貿易秩序と国際協調体制を修復、強化することが、韓国経済と国益を引き上げる上で重要だ」と説明。「向上した韓国のステータスと国の格にふさわしく、国際社会の求めに対し主導的に寄与すべき時が訪れた」と述べた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。