Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の軍事計画保留 「肯定的なシグナル」=韓国統一部

記事一覧 2020.06.25 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は25日、北朝鮮が突如、対韓軍事行動計画の保留を決めたことについて、「肯定的なシグナル」との認識を示した。また、「今後、南北関係を改善し、対話を通じて相互の関心事が協議されることを望む」と述べた。

金正恩氏=(聯合ニュースTV)

 北朝鮮は韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布に反発し、9日に南北間の通信連絡線を遮断。16日には開城にある南北共同連絡事務所を爆破した。また、軍総参謀部が報道官談話を出し、▼金剛山・開城工業地区への軍部隊展開▼非武装地帯(DMZ)内の監視所の再設置▼前線地域での軍事訓練▼対韓ビラ散布――などの軍事行動計画を予告したが、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)が出席した23日の党中央軍事委員会の予備会議で計画の保留を決めた。

 同当局者はビラ散布を規制する法案に関しては、「南北関係の進展状況を勘案しながら、国会と協議し進めていく」との方針を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。