Go to Contents Go to Navigation

ソウル市長がビラ散布批判 「北に敵対政策の口実与えた」

記事一覧 2020.06.25 14:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は25日、市庁で開いた「朝鮮半島クラブ」の懇談会で、国内の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布が北朝鮮に韓国への敵対政策に転じる口実を与えたと指摘し、「こうした平和を破壊する行為は今すぐ中断すべきだ」と批判した。

懇談会で演説する朴元淳市長=25日、ソウル(聯合ニュース)

 朝鮮半島クラブはソウルに駐在しながら北朝鮮・平壌駐在の公館長を兼任する大使の集まりで、欧州連合(EU)、フィンランド、オーストラリア、メキシコ、トルコ、カナダ、デンマークなど20カ国・地域が加わっている。

 朴氏はまた、対北朝鮮制裁の枠組み緩和を積極的に検討すべきだとしたほか、北朝鮮が応じるならいつでも自ら北朝鮮を訪れる用意があると表明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。