Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月26日)

◇韓国のユネスコ大使 産業革命遺産巡り日本を批判

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)韓国代表部の金東起(キム・ドンギ)大使は25日、現地の韓国メディア特派員と懇談し、2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」(23施設)を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)が強制徴用の事実を記載していないことについて、「日本は本人たちの言ったことを守らず、世界遺産委員会の権威も無視した」「日本のイメージを自ら失墜させている」などと強く批判した上で、「日本は直ちに(約束した)措置の履行に乗り出すべきだ」と求めた。

日本は産業遺産情報センターを開設したが、強制徴用の事実を伝えていない(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇コロナ新規感染者39人 首都圏と中部中心

 中央防疫対策本部は、26日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から39人増え、計1万2602人になったと発表した。首都圏と中部の大田市、忠清南道を中心に感染が広がっている。これまでの集団感染に連鎖する感染に加え、小規模の集まりなどでも感染が相次いでいる。

◇文大統領の支持率52% 4週連続で下落

 世論調査会社、韓国ギャラップが26日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より3ポイント下落した52%だった。不支持率は4ポイント上昇の39%。支持率は4週連続で下落した。調査は23~25日に全国の18歳以上の1001人を対象に実施された。

◇ソウルの教会で集団感染 教師が感染の高校を登校中止に

 ソウル市は、市内の大型教会で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、26日午前10時までに12人の感染が確認されたと発表した。防疫当局はこの教会や教会が運営する保育園を閉鎖したほか、感染者が教師として勤務する高校も閉鎖した。また、礼拝に出席した生徒らについて登校中止措置を取った。

◇北朝鮮宣伝メディア 韓国の「親米政策」非難

 北朝鮮が韓国に対する軍事行動計画の保留を決めた後、韓国に向けた非難を中止してから3日後に、対外宣伝メディアを通じて韓国政府の「親米事大主義」を非難した。対外宣伝メディア「統一のメアリ」は「南朝鮮(韓国)当局は北南(南北)関係が破局の危機にひんした今日までわれに返ることができずに海の向こうの主人に頼り、何かを得ようと愚かに振る舞っている」と批判した。また「(北朝鮮を巡る問題を調整する)韓米の作業部会(ワーキンググループ)に縛られて南朝鮮当局は北南宣言を一つも履行できず、わが共和国に対する米国の制裁圧力の策動を正当化し、それに追従する操り人形の役割をせざるを得なかった」と強調した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。