Go to Contents Go to Navigation

来年のR&D予算1.9兆円 感染症対策が大幅増=韓国

記事一覧 2020.06.26 21:33

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部は26日、同日開催された第11回国家科学技術諮問会議で、2021年度(1~12月)の国の研究開発(R&D)事業に今年度比9.7%増の21兆6492億ウォン(約1兆9000億円)を投入することなどを盛り込んだ「国家研究開発事業予算配分・調整案」を確定したと発表した。

国家研究開発事業予算配分・調整案について説明する金性洙・科学技術情報通信部科学技術革新本部長(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新種コロナウイルスに伴う危機を克服するため、バイオヘルス、未来の自動車、システムLSI(大規模集積回路)の3大重点産業と基礎研究への投資を強化し、成長潜在力を高めることを骨子とする。

 感染症対策には、今年度(1738億ウォン)の倍以上の3776億ウォンを投じる。

 コロナ後の時代の新たな成長への足掛かりを築くための政策「韓国版ニューディール」には今年度(1兆6900億ウォン)より45.6%多い2兆4600億ウォンを投じる。同政策は「デジタルニューディール」と「グリーンニューディール」を両軸とする

 金性洙(キム・ソンス)科学技術情報通信部科学技術革新本部長は「コロナ危機をチャンスにするため、限られた財源を感染症、韓国版ニューディールなど必要なところに戦略的に投資した」と説明した。

 来年度のR&D予算配分・調整案は30日までに企画財政部に通知される。同部は人文社会関連のR&D予算と共に、来年度の政府予算案を確定して9月中に国会に提出する。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。