Go to Contents Go to Navigation

6人戦死の「第2延坪海戦」から18年 「崇高な犠牲」=韓国

北朝鮮 2020.06.29 16:53

【平沢聯合ニュース】韓国海軍は29日、黄海で韓国と北朝鮮の銃撃戦「第2延坪海戦」が起きてから18年を迎え、第2艦隊司令部で記念式典を開いた。

第2艦隊司令部で開かれた記念式典(司令部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 式典には犠牲者の遺族ら約130人が出席。ユ・グンジョン第2艦隊司令官は「海を守り、壮烈な戦死を遂げた戦友の崇高な犠牲と献身を記憶している」とたたえた。

 同海戦はサッカーのワールドカップ(W杯)韓日大会の3位決定戦が予定されていた2002年6月29日の午前10時ごろ、北朝鮮の警備艇2隻が黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を侵犯し、韓国海軍の高速艇を奇襲攻撃して発生した。交戦により、高速艇の艇長ら6人が死亡、19人が負傷した。北朝鮮側では約30人の死傷者が出たとされる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。