Go to Contents Go to Navigation

韓国国会 与党が国会常任委員長独占=35年ぶり

社会・文化 2020.06.29 19:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の第21代国会の前半期における常任委員会の委員長ポストの配分など、院の構成を決める与野党の交渉が決裂し、与党「共に民主党」が常任委員長を独占することになった。

未来統合党の議員不在のまま開かれた国会本会議=29日、ソウル(聯合ニュース)

 定数の過半数を占める与党による常任委員長の独占体制は、1985年に構成された第12代国会以来35年ぶり。

 与野党の院内代表は29日午前、朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長主宰で院の構成を巡る最終協議に入ったものの、合意に至らなかった。これを受け朴議長は午後2時に本会議を開き、11の常任委員会の委員長を選出した。6の委員会の委員長は15日に選出されており、残りの情報委員長は与野党からそれぞれ1人ずつ選出された国会副議長の合意を必要とする。

 最大野党「未来統合党」の議員103人全員、「正義党」6人、「国民の党」3人、未来統合党出身の無所属議員4人の計116人は表決に参加しなかった。 

 院の構成で与野党が深刻な対立を見せたことで、国会の停滞は避けられない見通しとなった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。