聯合ニュース Go to Contents Go to Navigation

韓国コンテンツの輸出活性化へオンライン商談会 日本など参加

送稿時間2020.06.30 14:00

기사 본문 인쇄 및 글자 확대/축소

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院は30日、韓国貿易協会とともに、テレビ会議形式の「K(韓国)コンテンツ」輸出商談会をソウルの総合展示場・COEXで開催した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で海外出張や商談がままならない国内コンテンツ事業者の輸出支援が目的。

韓国コンテンツ振興院が韓国コンテンツの輸出を促進するための商談会を開いた(同院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
韓国コンテンツ振興院が韓国コンテンツの輸出を促進するための商談会を開いた(同院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 商談会には放送やゲーム、体験型コンテンツ、キャラクター、コミックなどの分野の韓国企業35社が参加。日本と中国、ベトナム、インドネシアの計50社のバイヤーと、放送権・配信権の販売やリメーク、共同製作、ライセンスなどの商談を行った。

 コミック事業を手掛ける韓国のC&Cレボリューションのイ・ジェシク代表は「近ごろ海外ウェブトゥーンプラットフォームでKウェブトゥーンの需要が増えているが、新型コロナのために予定していた海外見本市・商談会が次々取りやめになり、残念に思っていた」と話す。今回の商談会で希望した国のバイヤーに会えたとして、ひとまず安心した様子を見せた。

 韓国コンテンツ振興院の金英俊(キム・ヨンジュン)院長は「韓流コンテンツで関連産業の成長をけん引する新韓流を生み出せるよう、BtoB(企業間取引)だけでなくBtoC(消費者との取引)行事のオンライン開催も検討する」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード