Go to Contents Go to Navigation

前法相親族に懲役4年 私募ファンドへの投資疑惑=韓国

記事一覧 2020.06.30 17:17

【ソウル聯合ニュース】ソウル中央地裁は30日、私募ファンドへの家族ぐるみの不透明な投資に絡み、資本市場法違反などの罪で起訴されたチョ国(チョ・グク)前法務部長官の親族、チョ・ボムドン被告に、懲役4年、罰金5000万ウォン(約450万円)の判決を言い渡した。 

チョ国氏の親族の男に懲役4年の判決が言い渡された(資料写真)=(聯合ニュース)

 裁判所は一方で、チョ氏の妻のチョン・ギョンシム東洋大教授と金融取引を行い、政治権力との癒着によって相互利益を追求したことが犯行の主な動機だとの見方があるが、権力型犯行である証拠は提出されなかったとしながら、チョン氏と共謀関係にあったとして起訴された容疑については相当部分を無罪と判断した。

 チョ被告は私募ファンド運営会社「コリンク・プライベート・エクイティ」(コリンクPE)を実質的に運営して新興企業向け株式市場コスダックの上場企業を無資本で買収し、虚偽の告示を行って株価の引き上げを試みた罪などで起訴された。

 また、同ファンドが買収した企業、WFMと投資した街路灯関連機器の製造会社などの資金計89億ウォン相当を横領した疑いがもたれていた。

 このほか、昨年8月にチョ氏が法務部長官候補者に指名された後、チョン氏を巡り私募ファンド関連の疑惑が相次いで提起されると、関連資料を廃棄・隠匿した疑いももたれていた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。