Go to Contents Go to Navigation

軍事行動計画保留の北朝鮮 海岸砲門を再び閉じた状態に

政治 2020.06.30 19:51

【仁川聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が朝鮮人民軍総参謀部の提起した韓国に対する軍事行動計画を保留した中、開いたままになっていた北朝鮮の海岸砲の砲門が再び閉じられたことが30日、確認された。

仁川の延坪島から見た北朝鮮側の海岸。右は30日の様子で海岸砲の砲門が閉じられており、左は緊張の高まりが続いていた19日の様子で砲門が開いた状態になっている=30日、延坪島(聯合ニュース)

 同砲門は黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い北朝鮮・黄海道のケモリ地域にある海岸砲の砲門で、北朝鮮が16日に開城にある南北共同連絡事務所を爆破したことで緊張が高まった状況の中、19日に開いているのが確認された。

 南北関係は、金正恩氏の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体が北朝鮮の体制を批判するビラを飛ばすことを韓国政府が黙認していると非難して南北共同連絡事務所を爆破したことで一気に緊張が高まった。その後、北朝鮮は韓国を批判する内容の大量のビラを印刷したと発表したほか、拡声器による宣伝放送施設を約2年ぶりに再び設置するなど圧力を強めていた。

 だが金委員長が対韓軍事行動計画を保留し、24日には拡声器を再撤去。メディアを通じた韓国に対する非難も中断した。

 軍関係者は「ここ数日の間、霧などで視界が悪く、北側が見えなかったが、きょうは天気が良くて北側の砲門が閉じているのが確認されたものと承知している」と話した。 

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。