Go to Contents Go to Navigation

6月の輸出額10.9%減 3カ月連続で2桁減=韓国

経済 2020.07.01 10:51

【世宗聯合ニュース】韓国産業通商資源部が1日発表した6月の輸出額(通関ベース)は、新型コロナウイルスの感染拡大の余波で前年同月比10.9%減の392億1300万ドル(約4兆2340億円)にとどまった。輸入額は11.4%減の355億4700万ドル。輸出額より輸入額の減少幅が大きく、貿易収支は36億6600万ドルの黒字を記録した。

輸出額は3カ月連続で2桁台の減少幅を示した(資料写真)=(聯合ニュース)

 輸出額は2月の3.5%増加から3月に1.6%減に転じた後、4月の25.5%減、5月の23.6%減に続き、3カ月連続で2桁台の減少幅を示した。

 4~5月と比べて輸出額の減少幅は大きく鈍化したが、操業日数を考慮した1日平均の輸出額は18.5%減少し、5月(18.3%減)より小幅拡大した。

 産業通商資源部の関係者は「1日平均の輸出額は1年前と比べて減少したが、新型コロナウイルスの影響がピークに達した4~5月と比べると改善している」と説明した。

 1日平均の輸出額は4月が16億5000万ドル、5月が16億2000万ドル、6月は16億7000万ドルとなった。

 品目別では輸出の減少傾向が続くなか、先月不振だった品目の輸出減少幅が多少鈍化した。

 自動車が5月の54.2%減から6月には33.2%減に鈍化し、自動車部品は5月の66.8%減から6月は46.0%減、繊維は5月の43.6%減から6月は22.3%減、石油化学は5月の33.9%減から6月には11.8%減へとそれぞれ減少幅が縮小した。

 地域別では中国向けの輸出が5月の2.4%減から6月には9.5%増に転じた。

 だが、米国(8.3%減)、欧州連合(EU、17.0%減)、東南アジア諸国連合(ASEAN、10.8%減)向けは依然として不振だった。

 一方、世界貿易機関(WTO)の最近の統計によると、韓国の輸出順位(1~4月の累計)は昨年の7位から今年は6位に1ランク上昇した。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。