Go to Contents Go to Navigation

21年最低賃金 労働側は大幅増額・経営側は減額要求=韓国

記事一覧 2020.07.01 14:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の労使双方の委員や有識者で構成する最低賃金委員会は1日に全体会議を開き、2021年度(1~12月)の最低賃金を決めるための本格的な審議に入った。21年度の最低賃金として、労働側は今年度(時給8590ウォン、約770円)比で16.4%引き上げた1万ウォンを、経営側は2.1%引き下げた8410ウォンをそれぞれ提示した。最低賃金を巡る審議は、労使が提出したこの最初の要求案の隔たりを埋める形で進められる。

全体会議で発言する労働者側の委員(左から2人目)=1日、ソウル(聯合ニュース)

 労働者側の委員は、単身世帯の生活費レベルなどに対する調査を基に引き上げ案をまとめたと説明。一方、経営側の委員は減額案を提出した根拠として、新型コロナウイルス感染拡大による韓国経済のマイナス成長の可能性、過去3年間の過剰な最低賃金の引き上げなどを挙げた。

 今年度の最低賃金は前年比2.9%上昇した。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、18年度の最低賃金は16.4%、19年度も10.9%引き上げられたが、今年度の引き上げ率は1桁台にとどまった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。