Go to Contents Go to Navigation

日本製品不買運動で揺れた輸入ビール市場 アサヒは売上激減=韓国

記事一覧 2020.07.02 06:15

【ソウル聯合ニュース】日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がってから1年になる。その間、輸入ビール市場は激しく揺れた。

韓国で日本製品の不買運動が広がってから1年間、輸入ビール市場も影響を受けた(イラスト)=(聯合ニュース)

 韓国農水産食品流通公社(aT)の統計によると、昨年10~12月期の韓国ビール市場の小売売上高は6932億1900万ウォン(約621億円)規模だった。

 韓国の「カスフレッシュ」が2685億5200万ウォンでトップを占め、「テラ」が899億8700万ウォンで2位だった。

 輸入ビールの中では中国の「青島」が382億5100万ウォンで4位、オランダの「ハイネケン」が328億8200万ウォンで5位に入った。

 一方、一時は輸入ビールの代表格だった「アサヒ」の売上高は22億6600万ウォンにとどまり12位だった。18年10~12月期は458億8400万ウォンで3位だったが、わずか1年の間に順位が急落し、売上高が95%減少した。

 アサヒの低迷でほかの輸入ビールが利益を得ていることも分かった。

 青島の順位は4位で1年前と変動がないがアサヒの隙を突き、輸入ビールの中ではトップに躍り出た。売上高は前年同期(322億6500万ウォン)に比べ約18.5%増加した。前年は圏外だったベルギーの「ステラアルトワ」は10位に上昇した。

 こうした雰囲気は今年も続いている。関税庁の統計によると、今年5月の日本からのビール輸入額は77万2000ドル(約8300万円)にとどまり、不買運動が広がる前だった前年同月(594万8000ドル)の7分の1以下となった。

 日本ビールを輸入する企業は人員削減や無給休職の導入など、生き残りをかけて必死だ。ある企業の関係者は「不買運動の長期化で無給休職の期間が長引き、週休3日で会社を運営している。売り上げ回復の兆しも見えず、自主退職する社員も出ている」と話している。

アサヒの缶ビール(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。