Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の6月販売台数 国内好調も海外で急減

記事一覧 2020.07.01 17:47

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大の影響が続くなか、現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社が1日発表した6月の世界販売台数は58万1186台で、前年同月比19.2%減少した。

現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」の「GV80」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 個別消費税の引き下げ効果などで国内販売台数は17万6468台で41.2%増加した半面、海外販売台数は40万4718台で31.9%減少した。

 上半期の販売台数は計324万4549台で、前年同期比21.5%減った。

 国内販売台数は6.0%増の80万89台だったが、海外販売は244万4460台で27.6%減少した。

 現代自動車の6月の世界販売台数は約29万台で、前年同月比約23%減となった。国内販売は37.2%増加したが、海外販売は34.2%減少した。 

 起亜自動車の同月の世界販売台数は20万7406台で、12.1%減った。国内販売は41.5%増の6万5台、海外販売は23.8%減の14万7401台だった。

起亜自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ソレント」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国GMは国内販売が9349台、海外販売が1万6634台の計2万5983台で、前年同月比25.2%減少した。国内販売が61.5%増で1年6カ月ぶりに9000台を回復した一方、米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、輸出は32.2%減となった。

 ルノーサムスンは国内販売が1万3668台、海外販売が592台の計1万4260台で、前年同月比23.7%減少した。

 親会社であるインド自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラが新規投資を拒否し、経営難に直面している双竜自動車の6月の販売台数は1万181台で、前年同月比1.9%減にとどまるなど善戦した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。