Go to Contents Go to Navigation

米朝対話の早期再開へ政府も努力=韓国当局

記事一覧 2020.07.02 14:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11月の米大統領選前に米朝首脳会談が開かれるよう働きかける考えを示したことに関し、統一部の当局者は2日、「政府も米朝対話が早期に再開されるよう努力していく」と述べた。

6月30日、テレビ会議形式でEUとの首脳会談に臨んだ文大統領=(聯合ニュース)

 同当局者は記者団からの質問に、「朝鮮半島の非核化と恒久的な平和の定着を実現しなければならない」と答えた。ただ、こうした意思を北朝鮮側に伝えたかと問われると、「把握していない」とした。

 文大統領は6月30日に欧州連合(EU)とテレビ会議形式で首脳会談を行い、韓国青瓦台(大統領府)高官は翌日、文大統領が同会談で「米大統領選の前に米朝間で対話努力がもう一度推し進められる必要がある」と言及したと伝えた。米朝間の対話とは、米朝首脳会談を指すと説明した。

 一方、北朝鮮体制を批判するビラの散布活動などを行ってきた北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「自由北韓運動連合」の朴相学(パク・サンハク)代表が、ビラ散布を制止する政府と文大統領を強く非難したことについて、この統一部当局者は「非常識で荒っぽい発言を大変遺憾に思う」と述べた。さらに「北へのビラ散布を強行して南北間の緊張を高め、境界地域の住民の生命と安全に深刻な脅威を招くなど物議を醸したことを自省せず、非常識な発言を繰り返している。慨嘆に堪えない」とし、韓国の法秩序に反する行為には厳重に対処すると強調した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。