Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のTOEFL平均点が上昇 韓国と同レベルに=米メディア

北朝鮮 2020.07.02 17:21

【ソウル聯合ニュース】英語能力テストのTOEFLを受験した北朝鮮の生徒・学生の成績が向上を続け、昨年は韓国と同レベルに達したことが分かった。米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が2日、TOEFLを主管する米ETSが保有する2010年から10年間の韓国と北朝鮮のTOEFL平均点の統計を基に報じた。

北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」が紹介した平壌市内の小学校の英語授業の様子(朝鮮の今日ホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 TOEFLはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの四つのセクションのスコアを合算し、計120点が満点となる。

 昨年の韓国と北朝鮮の受験生の平均点は83点で、世界平均と同じだった。北朝鮮の受験生の平均点は10年の78点から5点上昇した。

 ただし、ETSは韓国と北朝鮮の10年間の受験生の数は公開していない。

 RFAは「北朝鮮にはETSが公式に認めた試験代行機関がなく、北朝鮮の生徒・学生は中国、欧州など第三国で受験していると推定される」とし、少数の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の生徒・学生も北朝鮮の受験生に含まれている可能性があると伝えた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。