Go to Contents Go to Navigation

韓国のコロナ感染者63人増 首都圏と光州に続き大邱でも多数

記事一覧 2020.07.03 11:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は3日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から63人増え、計1万2967人になったと発表した。感染は首都圏と中部の大田市、南西部の光州市に続いて南東部の大邱市へと広がり、1日当たりの新規感染者数は5日ぶりに再び60人台に増えた。一方、新たな死者は先月26日から発生せず、計282人。

大田市の小学校で、児童の新型コロナウイルス検査の準備をする医療従事者=2日、大田(聯合ニュース)

 新規感染者のうち市中感染は52人と、半月ぶりに50人を上回った。50人は、政府が新たに定めた「社会的距離の確保」第2段階の目安となる。

 地域別の感染者数をみると、ソウル市が12人、京畿道が16人、仁川市が1人で、首都圏全体で29人に上った。大邱市が10人、光州市が6人、大田市が4人、忠清南道と全羅北道、慶尚北道がそれぞれ1人だった。

 感染拡大は首都圏から地方に及びつつある。大邱市は韓国の感染拡大初期だった2~3月に感染確認が相次いだが、4月以降は落ち着いていた。1日当たりの新規感染者が10人を超えるのは4月7日以来、約3カ月ぶり。市内の役者養成スクールで7月2日に少なくとも7人の陽性が判明し、同スクールと受講者が通う女子高校で疫学調査が進められている。

 首都圏では教会をはじめとするこれまでの集団感染のつながりから新たな感染者が発生しているほか、京畿道議政府市のマンション群にあるスポーツジム関連でも10人余りの感染が確認された。

 光州市では寺院の集団感染が集合住宅や教会、同好会などへと広がりを見せており、2日正午時点の感染者は計49人となった。

 また、海外からの入国者の新規感染も11人と、8日連続で2桁を記録した。このうち4人は入国時の検疫で感染が確認され、残り7人は入国後の自主隔離中に感染が判明した。

 中央防疫対策本部は、毎日午前10時に同0時時点の新型コロナ感染者数を発表している。

市中感染、海外からの入国者の感染がともに増加傾向にある(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。