Go to Contents Go to Navigation

韓国防疫対策本部長「秋に新型コロナ流行拡大の恐れ」

記事一覧 2020.07.03 14:58

【ソウル聯合ニュース】韓国・中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は3日、ラジオ番組に出演し、秋に新型コロナウイルス感染症の流行が拡大する恐れがあるとして、人員や装備などの支援を求めた。

鄭銀敬本部長(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏は特に無症状または軽症の感染者の統制が難しいと訴えた。国民の大部分に免疫がなく、誰もがウイルスに露出すれば感染する可能性があるため、ワクチンが開発されるまで大小の流行が続くとの見方を示した。秋になれば気温が下がり、室内活動が増えるほか、ウイルスがより活発になるため流行の規模がさらに拡大する恐れがあると懸念を示した。

 流行拡大に備えるため病床と人員の確保に乗り出した政府の努力を強調しながらも、国民が個人防疫指針を徹底的に順守する努力が必要だと強調した。

 また、医療陣の疲労が蓄積されていると指摘した上で、安全に勤務できるよう施設や装備が支援されなければならないと述べた。

 全国で散発的に集団感染が発生していることについては「どこが死角なのかを見極めながら(対応策を)補完している」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。