Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍のソマリア沖派遣部隊 約190日間の任務終了

記事一覧 2020.07.03 16:31

【昌原聯合ニュース】ソマリア沖のアデン湾に派遣されていた韓国海軍「清海部隊」の第31陣を乗せた駆逐艦「王建」が191日間の任務を終えて韓国に戻り、3日に南部・慶尚南道昌原市の鎮海軍港で入港式が開かれた。

入港式の様子(海軍提供)=3日、昌原(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 入港に先立ち、31陣の将兵約300人は前日に新型コロナウイルスの検査を行っており、全員が陰性だった。

 31陣は昨年12月27日に韓国を出港し、アデン湾海域やインド洋で約590隻の船舶の安全な航海をサポートした。先月、第32陣の駆逐艦「大祚栄」と任務を交代した。

 清海部隊はアデン湾海域で韓国の船舶を海賊から保護するため、2009年3月に編成された。この11年間に船舶約2万4100隻の安全な航海をサポートし、海賊への対処などに当たった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。