Go to Contents Go to Navigation

安保関連高官の人事刷新 情報機関トップに朴智元前野党議員=韓国

記事一覧 2020.07.03 17:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、情報機関・国家情報院(国情院)の院長に朴智元(パク・チウォン)前国会議員(78)を指名した。空席になっている統一部長官の候補には与党「共に民主党」の李仁栄(イ・イニョン)前院内代表(56)、青瓦台(大統領府)の国家安保室長には徐薫(ソ・フン)国家情報院長(65)を充てた。

左から朴智元氏、徐薫氏、李仁栄氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、任鍾ソク(イム・ジョンソク)前大統領秘書室長と鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を大統領外交安保特別補佐官に起用した。

 南北関係など朝鮮半島懸案の司令塔役を果たす安全保障ラインを大々的に再編したことになる。北朝鮮による南西部・開城の南北共同連絡事務所の爆破などで南北関係が行き詰まる中、人事刷新で突破口を開く狙いとみられる。

 文大統領は今回、南北首脳会談開催の立役者を起用した。国情院長に指名された朴氏は2000年の初の南北首脳会談開催に寄与し、国家安保室長に内定した徐氏は18年の3回の南北首脳会談をはじめ、文政権の朝鮮半島平和プロセス推進に深く関わった。

 故金大中(キム・デジュン)元大統領の最側近だった朴氏は国会議員を4期務めた。1998~2003年の金大中政権で大統領秘書室長や文化観光部(現・文化体育観光部)長官を歴任した。

 かつては民主党に所属していたが、16年の総選挙を前に離党して「国民の党」に加わり、「民主平和党」を経て今年の総選挙には「民生党」所属で出馬した。文大統領が閣僚級以上のポストに野党側の人物を起用したのは初めてとなる。

 青瓦台は朴氏について、「国情院に国家安全保障という本来の任務を忠実に遂行させる一方、国情院が改革を継続して国民から信頼される情報機関になる上で大きく寄与するだろう」と説明した。

 統一部長官の候補に指名された李氏は現在、国会議員4期目。共に民主党の前院内代表で、党の「南北関係発展・統一委員会」の委員長も務めるなど南北関係に対する豊富な経験と高い専門性を備えている。1987年に設立された学生運動団体「全国大学生代表者協議会」の初代議長として民主化運動を率いた経歴も持つ。

 青瓦台は李氏について、「南北の和解・協力と朝鮮半島の非核化という国政課題を滞りなく推進する適任者」と説明している。

 国家安保室長に内定した徐氏は、文政権の初代国情院長として3年余り国情院を率いた。南北、米朝首脳会談など朝鮮半島における懸案の調整役を果たしてきた外交・安保の専門家だ。

 青瓦台は「平和・繁栄の朝鮮半島実現という国政目標を達成し、国民が実感できる成果を出せるだろう」と徐氏に期待を示した。

 大統領外交安保特別補佐官に起用された任氏は、文政権の初代大統領秘書室長を務めた。先月、南北経済文化協力財団の理事長に就任し、民間分野で南北関係の進展に寄与したいとの意向を示していた。

 同じく特別補佐官に就く鄭氏は文政権の初代国家安保室長としてこの3年余り、朝鮮半島の懸案に最前線で対処した。

朴智元氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
李仁栄氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
徐薫氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
任鍾ソク氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
鄭義溶氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。