Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 米朝会談開催の可能性否定=「向き合う必要ない」

北朝鮮 2020.07.04 14:43

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は4日に談話を出し、米大統領選挙(11月)前の米朝首脳会談開催が取り沙汰されていることについて、米国は米朝対話を自らの政治的危機を克服するための道具としか考えていないとして、「向き合う必要はない」と明言した。朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長(左)とトランプ米大統領=(聯合ニュース)

 トランプ大統領が大統領選を控え、「10月のサプライズ」として米朝首脳会談の開催を目指す可能性があるとの見方を明確に否定したものだ。

 崔氏は談話で、米朝関係の現状を無視した首脳会談が取り沙汰されているとした上で、「あ然とせざるを得ない」と述べた。また、「米国がまだ交渉でわれわれを揺さぶることができると考えているなら誤算」と主張。「われわれは既に米国の長期的な脅威の管理に向けたより具体的な戦略的計画を立てている」と述べた。

 一方、「当事者であるわれわれを意識せず、下手に仲裁の意思を表明する人がいる」とし、米朝首脳会談の推進を示唆した韓国政府を狙うような発言もした。

 だが、米政府やトランプ大統領に対する刺激的な非難はせず、メッセージのトーンを抑えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。