Go to Contents Go to Navigation

現代自の燃料電池トラック スイスに初輸出=韓国政府が開発支援

経済 2020.07.06 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府と現代自動車が協力して生産した水素で走る燃料電池トラック10台が6日、初めて輸出された。輸出先はスイスで、現代は2025年までに計1600台を輸出する方針だ。

光陽港で船に積まれる現代自動車の燃料電池トラック(同社提供)=6日、光陽(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 トラックの総重量は34トンで、燃料電池の出力は190キロワット。1回の充電で約400キロの走行が可能だ。

 燃料電池トラックは燃料電池乗用車に比べ、高い耐久性と出力が必要となる。韓国の産業通商資源部は906億ウォン(約81億円)をかけ、燃料電池などの部品開発と性能改善を支援した。

 同部は韓国企業が世界の燃料電池車市場で競争力を確保できるよう、今年から5年間で約1000億ウォンを投入し、基幹部品の性能や耐久性などを強化させる方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。