Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月6日)

記事一覧 2020.07.06 18:00

◇新規コロナ感染者48人に減る 一方で新たな集団感染も 

 韓国の中央防疫対策本部は6日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から48人増え、計1万3137人になったと発表した。新規感染者数はそれまでの3日間の60人台に比べると減ったが、首都圏と中部・大田市、南西部・光州市を中心に感染確認が続いている上、首都圏の中では比較的落ち着いていた仁川市で小規模な集団感染が起きた。死者は前日から1人増え計284人となった。

ウイルス検査の準備をする医療従事者(資料写真)=(聯合ニュース)

◇5月の訪韓外国人観光客6111人 乗務員数の半分

 韓国観光公社がまとめた統計によると、5月に韓国に入国した3万861人のうち観光客は6111人で、航空機・船舶の乗務員(1万2864人)の半数以下にとどまった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、韓国は入国者に2週間の隔離措置を義務付けており、海外から韓国旅行に出掛けるのは容易でない。日本人客もわずか45人だった。

◇統一相候補 「いかなる場合も南北・米朝対話継続を」

 統一部長官候補に指名された李仁栄(イ・イニョン)国会議員は、南北会談本部で記者団に対し、北朝鮮が11月の米大統領選前の米朝首脳会談開催の可能性を否定したことについて、「いかなる場合も南北対話、朝米(米朝)対話を継続することが望ましい」との認識を示した。

◇現代自の燃料電池トラック スイスに初輸出

 韓国政府と現代自動車が協力して生産した水素で走る燃料電池トラック10台が初めて輸出された。輸出先はスイスで、現代は2025年までに計1600台を輸出する方針だ。燃料電池トラックは燃料電池乗用車に比べ、高い耐久性と出力が必要となる。韓国の産業通商資源部は906億ウォン(約81億円)をかけ、燃料電池などの部品開発と性能改善を支援した。

◇自殺したトライアスロン元代表の同僚選手 監督の暴行告発

 トライアスロン女子の韓国代表を務めたチェ・スクヒョンさん(23)が前所属チームの監督らから暴力を受けたことを苦に自殺した問題で、チェさんの同僚選手2人が監督らの暴力を証言し、自分たちも暴力を受けたとする記者会見を行った。一方、加害者とされる監督と選手2人は国会文化体育観光委員会に出席し、チェさんへの暴力と暴言を否定した。チェさんは亡くなる前、母親に「彼らの罪を明らかにして」と訴えるメッセージを送っていた。チェさんの死を機に、スポーツ界に根強く残る暴力問題の解決を求める声が強まっている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。