Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者生活施設への官民合同調査開始 寄付金不正疑惑巡り=韓国

記事一覧 2020.07.06 14:23

【広州聯合ニュース】韓国の京畿道は6日、寄付金の流用疑惑などが浮上している旧日本軍の慰安婦被害者の支援施設「ナヌムの家」に対する官民合同の現場調査を開始した。同施設では5人の慰安婦被害者が生活している。

ナヌムの家(資料写真)=(聯合ニュース)

 道関係者は「ナヌムの家に対する道の特別点検以降、行政処分と捜査依頼を行ったが、道民の不信が解消しないことから調査団を構成した」として、17日まで調査を実施する方針を明らかにした。

 慰安婦被害者に対する人権侵害や会計不正などを中心に調査を行い、改善策を提示する方針。調査結果は公開するという。

 施設の職員7人は施設側が巨額の寄付金を被害者のために使わず、高齢者向けの療養事業に使おうとしていると訴え、前施設長と事務局長、理事を務める僧侶4人を警察に告発した。

 道は5月13~15日に施設を運営する社会福祉法人「大韓仏教曹渓宗ナヌムの家」に対する特別点検を実施。寄付金の管理や施設の運営に不備が多数見つかったため、過料などの行政処分を行い、警察に捜査を依頼した。

 特別点検では法人が運営する歴史館の職員に対し、出勤の実態が把握できないにもかかわらず、寄付金から給与5300万ウォン(約470万円)が支払われていたほか、代表理事が納めるはずの健康保険料735万6000ウォンが寄付金から支払われていた。また寄付金1200万ウォンを前事務局長の机の引き出しで保管するなどの違法事例も確認された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。