Go to Contents Go to Navigation

韓国・ハイト真露 上半期の中国向け焼酎輸出58%増

記事一覧 2020.07.06 16:10

【ソウル聯合ニュース】韓国酒類大手のハイト真露は6日、焼酎製品の今年上半期(1~6月)の中国向け輸出が前年同期比58%増加したと発表した。

ハイト真露の果物リキュール4種(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ハイト真露は、「チャミスル」や果物リキュールなどの焼酎製品の対中輸出量が今年は2500万本を超えると見通した。

 同社の中国における果物リキュール販売量は2016年から昨年までの4年間で年平均98.6%増加しており、販売に占める割合は16年の6%から昨年は36%に増えた。

 中国に輸出したグレープフルーツやいちごなど4種類の果物リキュールを20~30代の消費者の好みに合った「フルーツ味のおいしい酒」として差別化したことが功を奏したとし、若者層の需要に合わせた製品の開発と、現地に合った戦略を続けていく方針を示した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。