Go to Contents Go to Navigation

韓国音楽配信大手メロン チャート集計方法を改変=順位の操作防止

記事一覧 2020.07.06 17:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の音楽配信サービス最大手、メロンが6日、音楽チャートの集計方法を改変し、順位を人為的に歪曲(わいきょく)する行為を防止するための措置に乗り出した。

韓国の音楽配信サービス最大手、メロンが音楽チャートを改変した(カカオ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 メロンを傘下に置くカカオは6日、メロンのアプリのアップデート行い、1時間単位で曲の再生回数を集計したこれまでのチャートを廃止し、24時間単位で集計するチャートのサービスを開始した。

 新しいチャートは1時間ごとに更新される。直近24時間の各曲の再生回数は利用者1人当たり1回のみ集計に反映される。曲名の横に表示されていた順位、順位変動、リアルタイム変動グラフはなくした。

 同社は「順位表示をなくして集計基準を変えることで、利用者の関心を統計で示し、トレンドを把握できるよう、チャート本来の役割を忠実に果たすようにした」と説明した。

 1時間単位で集計を行っていた既存のチャートは、特定の曲を繰り返し再生し、チャートの順位を上昇させる行為など順位操作が容易だとの指摘を受けていた。チャートの上位に入れば音源収入だけでなくPR効果も大きいため、こうした順位操作を防ぐためにはチャート制度を変える必要があるとの声が高まっていた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。