Go to Contents Go to Navigation

韓国製ボディー・ヘアケア製品 日本向け輸出が倍増

記事一覧 2020.07.07 07:20

【ソウル聯合ニュース】韓国製のボディーローションやヘアトリートメントなどの製品の日本への輸出が2017年以降、増え続けていることが7日、大韓化粧品協会の資料で分かった。

ソウル市内の免税店の化粧品コーナー(資料写真)=(聯合ニュース)

 同協会によると、日本が昨年輸入した韓国製ボディーケア製品の額は392万7000ドル(約4億2200万円)で前年比108%増加した。

 輸入額は17年には168万2000ドル、18年には188万7000ドルだった。ボディーケア製品の輸入額全体に占める割合は17年の1.34%から昨年は2.54%に増加した。

 ヘアトリートメント、ワックスなど韓国製ヘアケア製品の日本向け輸出も増加しており、昨年は前年比26.3%増の1349万8000ドルだった。

 日本の化粧品市場における昨年のボディーケア製品の割合は50.4%、ヘアケア製品は22.4%となっており、今年の市場規模は合わせて7000億円を超えるとの予想もある。

 大韓化粧品協会は、ボディーケア・ヘアケア製品は日本メーカーのシェアが高く、韓国製品の需要は大きくないが、優れたデザインと機能、流行の先取りなど韓流のイメージを活用して隙間市場を攻略する必要があると伝えた。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。