Go to Contents Go to Navigation

LG化学とGSカルテックス EVバッテリーサービスを共同開発へ

記事一覧 2020.07.07 14:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の電気自動車(EV)向けバッテリー大手のLG化学と石油大手のGSカルテックスが、ビッグデータを活用したEVバッテリー特化サービスを共同開発する。

LG化学とGSカルテックスが、EVのバッテリー安全診断サービスを開発する(両社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 両社は7日、充電環境の改善と新たなビジネスチャンスの発掘に向けた覚書(MOU)を締結したと発表した。この席には、シグネットEV、ソフトベリー、KSTモビリティー、グリーンカーなどEVバッテリー業界の関連企業も同席した。

 LG化学とGSカルテックスはまず、バッテリー安全診断サービスを開発する計画だ。

 グリーンカーとKSTモビリティーのEVをGSカルテックスの充電ステーションで充電している間に走行・充電データをクラウドに保存すると、LG化学のビッグデータ・バッテリーサービスのアルゴリズムがバッテリーの状態やリスクを分析。シグネットEVが提供する充電器のパネルとソフトベリーのアプリをインストールした運転者の携帯電話で分析結果を確認できる仕組みだ。

 LG化学とGSカルテックスは2021年までに実証事業を終え、韓国国内でサービスを開始する。22年以降は海外へサービスを拡大する予定だ。

 両社はまた、バッテリー安全診断サービスを基に、バッテリーの寿命を延ばすスマート充電、残存寿命の予測といった新たなサービスを共同で発掘する。

 世界のEV向けバッテリー市場で首位に立つLG化学と、従来の石油元売り事業にとどまらずエネルギーやモビリティー(移動手段)事業へと領域拡大を狙うGSカルテックスがEVのエコシステム(生態系)発展を目指して手を組んだことの意味は大きいと、両社は評価している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。