Go to Contents Go to Navigation

現代自・SKトップが会合 EVバッテリー巡る協力議論

経済 2020.07.07 16:19

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車グループの実質トップ、鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長は7日、西部の忠清南道・瑞山にあるSKイノベーションのバッテリー工場を訪れてSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長と会い、未来の電気自動車(EV)に搭載するバッテリーに関する協力を議論した。

SKイノベーションのバッテリー工場で握手を交わす鄭義宣氏(右)と崔泰源氏(SK・現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 鄭氏と崔氏をはじめとする両グループの経営陣は工場を視察し、SKイノベーションなどが開発を進めている高エネルギー密度バッテリー、急速充電バッテリー、リチウムメタルバッテリーなどの次世代バッテリー技術やパワー半導体、軽量新素材など新技術の開発方向を共有するとともに、協力策を話し合った。

 鄭氏は「未来のバッテリーや新技術の開発の方向性を共有する、意味のある場だった」と伝え、「現代自動車グループは人間中心の未来モビリティー(移動手段)時代を開き、人類のための革新と進歩を成し遂げられるよう、絶えず努めていきたい」と語った。

 崔氏は「現代自動車と(子会社の)起亜自動車がEVなどの未来モビリティー分野でリーダー的なポジションを築いているだけに、今回の協力は両グループはもちろん、韓国経済にも新たな力になるだろう」と期待を示した。

 これに先立ち、鄭氏はSKイノベーションと並ぶ韓国のバッテリー大手、LG化学とサムスンSDIの工場も視察した。3社との協力関係を深め、世界のEV市場を攻略する準備を整えた形だ。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。