Go to Contents Go to Navigation

来韓の米国務副長官 米空軍基地でコロナ検査=夕食会中止

記事一覧 2020.07.07 20:38

【ソウル聯合ニュース】米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)が7日、韓国・ソウル南方にある米空軍烏山基地に軍用機で到着後、同基地で新型コロナウイルスの検査を受けた。在韓米国大使館の報道官が聯合ニュースの取材に明らかにした。

ビーガン氏を乗せたとみられる軍用機が烏山基地に到着した=7日、平沢(聯合ニュース)

 乗務員を含め、軍用機に搭乗した全員の陰性が確認されれば、ビーガン氏ら代表団はソウルに向かうという。

 ウイルス検査のため、この日予定されていたハリス駐韓米大使との夕食会も中止になったとされる。

 ビーガン氏を乗せた軍用機は午後3時すぎに烏山基地に到着した。当初は韓国政府の方針により、米国で発給された新型コロナ検査の陰性証明を提出し、検査や隔離なしで入国すると伝えられていた。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。