Go to Contents Go to Navigation

金日成主席死去から26年 正恩氏が錦繍山太陽宮殿参拝

記事一覧 2020.07.08 08:55

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金日成(キム・イルソン)主席の死去から26年を迎え、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が錦繍山太陽宮殿を参拝したと報じた。平壌にある同宮殿には金主席の遺体が安置されている。

朝鮮中央通信は金委員長が錦繍山太陽宮殿を参拝したと伝えた(同通信ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 参拝の日付は伝えていないが、北朝鮮メディアの報道の仕方を踏まえると、7日夜遅くか8日に日付が変わった直後の可能性が高い。

 崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長(国務委員会第1副委員長)をはじめ、朴奉珠(パク・ボンジュ)党副委員長(国務委員会副委員長)、金在龍(キム・ジェリョン)首相ら、国務委員会や党中央委員会政治局、党中央軍事委員会などの委員を務める幹部が同行した。

 参拝の写真をみると、ミサイル開発を主導してきた李炳哲(リ・ビョンチョル)党中央軍事委員会副委員長が幹部の最前列にいる。参拝者はマスクを着用していない。

 一方、米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)が7日午後に韓国入りしたが、北朝鮮メディアは米朝関係に言及したり金委員長のメッセージを伝えたりはしていない。北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官とクォン・ジョングン外務省米国担当局長は先ごろ、談話を通じて米国との対話を拒む姿勢を示した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。