Go to Contents Go to Navigation

韓国首相が不動産問題に言及「高官は余分な住宅の早期売却を」

記事一覧 2020.07.08 12:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は8日、「各官庁は自治体を含めて高位公職者の住宅所有の実態を速やかに把握し、複数の住宅所有者が(実際に居住する以外の住宅を)一日も早く売却できるよう措置を取ってほしい」と指示した。新型コロナウイルス関連の会議での発言を総理室が伝えた。

新型コロナウイルス対策を話し合う中央災難安全対策本部の会議で発言する丁首相=8日、ソウル(聯合ニュース)

 政府が繰り返し不動産対策を発表しているにもかかわらず、投機目的の住宅購入は減らず、価格高騰が続き、マイホーム取得を断念する人もいる。

 丁氏は「このところ不動産問題を巡る世論は厳しく、政府は対策作りに腐心している。だが高位公職者が何軒も家を所有したままなら、いかなる政策を打ち出そうとも国民の信頼を得るのは難しい」と述べ、高位公職者に率先垂範を求めた。また国民の要求には答えを出さなければならないとし、最善の政策を準備するよう指示した。

 これを受け、政府は中央官庁と自治体の高位公職者について住宅所有状況の把握などに乗り出す予定だ。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。