Go to Contents Go to Navigation

韓国経済 消費不振和らぐも景気の縮小続く=政府系機関

記事一覧 2020.07.08 14:35

【世宗聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は8日発表した「経済動向7月号」で、韓国経済について、消費不振は緩和されたが世界的な新型コロナウイルスの流行による需要減少に伴い景気萎縮が続いているとの見方を示した。内需がやや回復する兆しをみせているが輸出が振るわず、まだ景気縮小の状況だと説明した。

KDIは韓国経済について、景気縮小が続いているとの見方を示した(資料写真)=(聯合ニュース)

 内需に関連しては、新型コロナ対策として政府が5月に行った各世帯への緊急災難(災害)支援金の支給、日常生活を送りながら感染対策に取り組む「生活の中での距離確保」(生活防疫)への移行などで消費がやや回復し、設備投資も増加の勢いを維持していると説明した。

 5月の小売販売額は前年同月比1.7%、設備投資は3.6%それぞれ増加した。特に自動車を中心に耐久財の消費が2カ月連続で2桁増となったほかサービス業生産も減少幅が縮小した。

 KDIは韓国の経済不振の原因として輸出を挙げた。全般的な海外需要の減退に伴い輸出の大幅な減少傾向が続いている。

 6月の1日平均の輸出額増減率はマイナス18.5%で、自動車と石油製品を中心に前月に続き大幅に減少した。

 KDIは、主要国の経済活動再開により景気回復に対する期待感が高まっているが、国内外の新型コロナウイルス新規感染者の増加は景気の下押し圧力として作用していると分析した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。