Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月8日)

記事一覧 2020.07.08 18:00

◇新規コロナ感染者63人 海外流入3カ月ぶり最多に

 韓国の中央防疫対策本部は8日、この日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から63人増え、計1万3244人になったと発表した。死者は前日から変わらず計285人。市中感染と海外からの流入が同時に増加し、新規感染者数は3日ぶりに再び60人台に増加した。首都圏と光州市、大田市で発生した集団感染により連日感染者の規模が膨らんでいる上、海外からの流入も約3カ月ぶりに最大値を記録し、防疫当局は神経をとがらせている。

新型コロナの検査を行う専用診療所(資料写真)=(聯合ニュース)

◇外相が米国務副長官と面会 「重要な時期に来た」

 訪韓中のビーガン米国務副長官(北朝鮮担当特別代表)は8日午前、外交部を訪問し康京和(カン・ギョンファ)長官と面会した。面会にはハリス駐韓大使らが同行した。ビーガン氏は康氏とひざを突き合わせてあいさつ。「韓国政府は私の安全な到着に必要な詳細事項を解決することに大変協力的だった」と謝意を表明。「韓国の疾病管理本部は素晴らしい」と評価した。康氏は「今回の訪問を安全なものにするため、できることをすべて行った」として、「非常に重要な時期に(韓国に)来た」と述べた。

◇在韓米軍の駐留経費負担額「早期に結果導き出す」 韓米戦略対話

 外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は、ビーガン米国務副長官と8回目の韓米戦略対話を行った。趙氏は対話後の記者会見で、2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める交渉について、「可能な限り早期に双方が受け入れ可能な結果を導き出すよう引き続き努力することで一致した」と述べた。両国は米軍駐留経費の韓国側負担額を決める交渉を昨年9月から行っているが、まだ妥結していない。

◇次期大統領選候補の支持率 前首相を京畿道知事が追い上げ

 世論調査会社、ハンギルリサーチが発表した次期大統領選挙(2022年)への出馬が予想される人物の支持率調査結果によると、前首相で与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)国会議員が28.8%で1位、同党所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が20.0%で2位だった。李洛淵氏の支持率は前月に比べ4.5ポイント下落したのに対し李在明氏は5.5ポイント上昇し、両氏の支持率の差は8.8ポイントと1桁台に縮まった。

◇韓国パスポート「世界3位」 189カ国にビザなし渡航可

 米CNNテレビなどによると、英コンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」は7日(現地時間)、ビザ(査証)なしで渡航できる国・地域の数を比較した世界パスポート(旅券)ランキングの2020年版を発表した。韓国のパスポートは189カ国・地域にビザなしで渡航でき、ドイツと並び3位だった。1位は日本(191カ国・地域)、2位はシンガポール(190カ国・地域)。

◇35年からEV・FCVのみ登録可能に ソウル市が環境政策

 朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、ガソリン車やディーゼル車などの内燃機関車の廃止や太陽光発電の拡大などを盛り込んだグリーンニューディール政策を発表した。2022年までに2兆6000億ウォン(約2340億円)を投じてエコ政策を推進し、温室効果ガス排出の「主犯」である建物、輸送、廃棄物分野で温室効果ガスを削減することを柱とする。また、ソウル市は35年から電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)のみ登録可能にする法令改正を政府に建議することを決めた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。