Go to Contents Go to Navigation

大統領選意識せず国難克服に集中 李洛淵前首相インタビュー

記事一覧 2020.07.09 09:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」の代表選に出馬する意向を表明した李洛淵(イ・ナギョン)前首相(67)は9日までに聯合ニュースのインタビューに対し、「党代表になれば、政権の獲得は頭から消し、(新型コロナウイルスの影響による)国難の克服だけに集中する」と強調した。

国会議員会館で聯合ニュースのインタビューに応じる李氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は2022年の次期大統領選の有力候補と目されていることについて、「首相時代、災害、感染症に安定的に対処したことが期待感を生んだのではないか」として、「謙遜に臨みたい」と述べた。

 党代表に就任した場合に取り組むべき優先課題としては、「経済・社会関連立法が急がれ、同時に推進しなければならない」と強調した。

 党の主流派である親文在寅(ムン・ジェイン)派の支持取り付けに関しては「特に意識していない」と述べた。

 李氏は次期大統領選への出馬が予想される政治家の支持率調査で1年以上トップを走っている。ただ、4月の総選挙後に40%を上回った支持率は最近、約30%に下落した。これについて「文政権と同一視される傾向があり、国民のいろいろな失望感が反映された可能性がある」として、「民意は常に流れるもので、その都度重要に受け止めている」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。