Go to Contents Go to Navigation

韓国とカンボジアがFTA交渉へ 年内の成果めざす

記事一覧 2020.07.09 15:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)とカンボジアのパン・ソラサック商業相は9日、テレビ会議を開き、両国の2国間自由貿易協定(FTA)締結に向けて交渉に入ると表明した。両国は昨年3月の首脳会談を機にFTA交渉の推進に合意していた。月内に初回の交渉に臨む予定。

産業通商資源部の兪通商交渉本部長(資料写真)=(聯合ニュース)

 兪氏は「新型コロナウイルスの感染拡大後、新南方(東南アジア諸国連合=ASEAN=やインド)国家との協力が一層重要になっている。ASEANの生産・貿易の中心地として成長が見込まれるカンボジアとのFTA交渉開始を歓迎する」と述べた。FTA締結が、カンボジアに進出した韓国企業の競争力向上や両国間の貿易・投資の拡大など経済協力の強化につながるとの期待を示した。

 双方は年内に成果を出すことを目標に、速やかに交渉を進めることを申し合わせた。

 カンボジアは2011年以降、年7%前後の高成長が続いている。若者人口も多い。

 両国は今月にも開く1回目の交渉で、商品の市場開放・協力など双方の関心が高い分野を中心に議論する方針だ。

 一方、兪氏は世界貿易機関(WTO)の次期事務局長に名乗りを上げている。産業通商資源部によると、パン・ソラサック氏は兪氏が通商の現場で培ったさまざまな経験と見識、専門性を高く評価しながら、「良い結果が出るよう願う」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。