Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月9日)

記事一覧 2020.07.09 18:00

◇文大統領「日本とは違う道歩む」 素材・部品大国への飛躍誓う

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9日、「われわれは日本とは違う道を歩む」としながら、「危機を機会ととらえ、世界の最先端素材・部品・装備(装置や設備)大国へと飛躍する」と展望を述べた。日本が対韓輸出規制を強化する措置を取って以降、韓国は素材・部品・装備分野の強化に取り組んできた。文大統領はこの日、生産現場の一つであるソウル近郊・利川のSKハイニックスを視察した。

SKハイニックスの事業所で関係者と対話する文大統領=9日、利川(聯合ニュース)

◇国家安保室長と米国務副長官が会談 朝鮮半島情勢議論

 韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と訪韓中のビーガン米国務副長官(北朝鮮担当特別代表)が青瓦台(大統領府)で会談し、朝鮮半島情勢について意見交換した。両氏の会談は徐氏の国家安保室長就任後初めて。会談では、北朝鮮が開城の南北共同連絡事務所を爆破したことなどにより高まった朝鮮半島の緊張状態を解消し、米朝・南北対話を再開するための方策を集中的に議論したものとみられる。

◇WTO事務局長選の立候補締め切り 兪明希氏ら8人が名乗り

 世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙への立候補者受け付けが8日(日本時間9日未明)に締め切られ、韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)をはじめとする8人の候補が出そろった。韓国とアフリカからの候補の対決になるとの見方もあったが、締め切りの数時間前に英国が候補者を立てるなど、結果の予想がつかなくなった。WTO加盟国・地域に対する各国の働きかけがこれから本格化する。

◇新規コロナ感染者50人 光州での増加目立つ

 韓国の中央防疫対策本部は9日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から50人増え、計1万3293人になったと発表した。死者は2人増え、計287人。防疫当局は、特に光州での感染拡大に神経をとがらせている。光州では訪問販売会社で起きた集団感染が寺院や集合住宅、高齢者福祉施設、サウナなど八つの施設や集まりに広がっており、先月27日以降に計111人の感染が確認された。

◇文大統領支持率50% 6週連続下落から上昇

 世論調査会社、リアルメーターが発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より0.2%ポイント上昇した50.0%だった。文大統領の支持率は5月第3週から6週連続で下落していた。不支持率は0.2ポイント上がった45.7%となった。

◇不動産税制対策あす発表 複数住宅所有者の税金大幅引き上げへ

 政府と与党「共に民主党」は10日、複数住宅所有者に対して総合不動産税の実効税率を大幅に引き上げる内容などを盛り込んだ不動産税制対策を発表する。来週初めに国会に法案を提出するため政府と与党間の協議は大詰めを迎えている。政府と与党が準備した総合不動産税、譲渡税などに関する法改正案は来週初めまでに国会に提出し、直ちに野党と企画財政委員会租税小委員会での審査日程の協議に入る計画だ。

◇北朝鮮・平壌で核兵器開発? 韓国当局「事実と異なる」

 韓国軍と情報当局は、北朝鮮の平壌市万景台区域の元魯里一帯で核施設が稼働中だとする海外メディアの報道について、事実と異なるとの立場を示した。当局の消息筋は、米CNNが報じた元魯里一帯は「核兵器を直接開発、生産する施設と関連はないと承知している」とし、「(海外メディアが報じた施設は)北の核開発活動に関して重要ではない」との認識を示した。別の消息筋は「元魯里地域には核との関連が疑われる施設と推定されてきた場所があるが、正確にどのような活動を行っているかは把握されていない」とし、韓米が注視していると述べた。

◇与党代表選 前行政相の金富謙氏が出馬表明

 与党「共に民主党」の金富謙(キム・ブギョム)前国会議員(62)が8月29日の党代表選に出馬する意向を表明した。党代表選を巡っては李洛淵(イ・ナギョン)前首相が出馬を表明しており、金氏と李氏の一騎打ちとなる。金氏は民主化運動活動家出身で国会議員4期を務め、文在寅(ムン・ジェイン)政権では行政安全部長官を務めた。

◇「先端産業の世界工場」目指す 政府が素材・部品分野の戦略発表

 政府が新型コロナウイルス感染収束後の世界供給網(サプライチェーン)再編に先回りして対応するため、供給網管理対象とする素材・部品・装備(装置や設備)分野の品目を従来の100品目から338品目以上に拡大する。また、次世代の戦略技術取得に向け、2022年までに技術開発に5兆ウォン(約4500億円)以上を投じる。半導体やバイオ、未来型自動車といった先端産業分野の企業を誘致するため、投資税額控除を拡大し、先端投資地区を指定するなどインセンティブも強化する。政府はこうした内容を柱とする「素材・部品・装備2.0戦略」を発表した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。