Go to Contents Go to Navigation

コロナ治療薬・ワクチン開発などに170億円投資へ 韓国政府 

記事一覧 2020.07.09 16:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、新型コロナウイルスの治療薬・ワクチン開発などに1936億ウォン(約170億円)を投じる。

ソウルの国際ワクチン研究所(IVI)でワクチン開発に関する実験を行う研究員(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府は9日、新型コロナの治療薬やワクチンなどの開発に関する補正予算の執行計画を内部で議論した。

 執行計画によると、治療薬・ワクチン開発には1115億ウォンの予算を投じる方針だ。抗体・血漿(けっしょう)治療薬、ワクチンのプラットフォーム技術などを開発する企業の段階別臨床試験に940億ウォンを支援するほか、治療薬・ワクチンの候補物質発掘や候補物質の効能・毒性を評価する非臨床試験に175億ウォンを投じる。

 また、防疫用品・機器の高度化には357億ウォンを充てる。通気性の良い防護服、超高速PCR検査などの開発に222億ウォン、防疫設備・診断機器の国産化・高度化のための技術開発に135億ウォンを支援する。

 このほか、治療薬やワクチンの研究・生産インフラ整備に391億ウォン、人体データの活用環境整備や特許の国際標準化などの支援に73億ウォンを投じる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。