Go to Contents Go to Navigation

王宮・王陵に住む動物などオンラインで公開 韓国文化財庁

記事一覧 2020.07.11 08:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化財庁宮陵遺跡本部は11日までに、王宮や王陵に住む動物や日常の風景を収めた動画6編と写真6点をオンラインで公開した。

京畿道・南楊州の洪裕陵で撮影された鳥の巣の中の卵(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 公開された映像には、ソウルの霊廟、宗廟の池のほとりに現れたタヌキや景福宮の慶会楼の前を散歩するカモの姿などが収められている。

 写真には、大韓帝国初代皇帝の高宗と最後の皇帝、純宗が眠る京畿道・南楊州の洪裕陵で撮影されたダルマエナガ(スズメ目の鳥)の巣の中の卵や景福宮・慶会楼に現れたアオサギなどが収められている。

昌慶宮・明政殿の踏道(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、景福宮・泰元殿の屋根の上の雑像(装飾物)や昌慶宮・明政殿の踏道(王がみこしに乗って通る階段)も写真で見ることができる。

 これらの動画と写真は、宮陵遺跡本部のホームページ(http://royal.cha.go.kr)とインスタグラム(https://www.instagram.com/royalpalaces_tombs)で鑑賞できる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。