Go to Contents Go to Navigation

朴元淳ソウル市長の遺書公開 「全ての方々に申し訳ない」

政治 2020.07.10 14:17

【ソウル聯合ニュース】10日午前0時すぎに山中で死亡しているのが見つかった韓国・ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長が、9日に市長公邸を出る前に作成したとされる遺書が公開された。

生前の朴元淳氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 市長秘書室長が公開した遺書には「全ての方々に申し訳ない。私の人生で共にしてくれた全ての方々に感謝する。ただ苦しみしか与えられなかった家族にすまない。火葬して両親の墓にまいてほしい。皆さん、さようなら」と記されていた。遺書は9日に公邸の書斎で見つかった。

 朴氏は9日午前に公邸を出た後、行方が分からなくなっていた。午後5時すぎに娘が警察に届け出てから警察と消防当局が捜索を続け、10日午前0時すぎにソウル都心に近い山中で遺体で発見された。朴氏は2011年のソウル市長選で初当選し、3期目だった。

朴氏の遺書=10日、ソウル(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。