Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜のエコカー販売36%増 HV好調=韓国上半期

経済 2020.07.12 10:25

【ソウル聯合ニュース】韓国で今年上半期(1~6月)に現代自動車と子会社の起亜自動車のエコカー販売が好調だったことが12日までに分かった。両社のエコカー販売台数は前年同期比36.2%増の6万7798台で、完成車全体の販売台数が同5.7%増にとどまったのに比べ、増加率は6倍を超えた。

現代と起亜のエコカー販売が好調だ(イラスト)=(聯合ニュース)

 現代の1~6月の販売台数は前年同期比29.3%増の3万7697台、起亜は同45.9%増の3万101台で、起亜の伸び率が現代を上回った。現代関係者は「ハイブリッド車(HV)を中心とした新モデルの投入で販売台数が伸びた」と分析している。

 なかでもHVとプラグインハイブリッド車(PHV)が53.3%増の約5万3000台となり、エコカー全体の76.2%を占めた。一方、電気自動車(EV)は11.0%減の1万3950台だった。

 HVは小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「コナ・ハイブリッド」などの新車効果がけん引した半面、EVは新モデルの発売がなかったことが響いた。

 燃料電池自動車(FCV)は69.0%増の2612台だった。

 HVの販売台数は現代の「グレンジャー」が1万6885台で最多、起亜の「ニロ」が1万82台で2位だった。

「コナ」のEVモデル(現代・起亜提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ikasumi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。