Go to Contents Go to Navigation

辛ラーメンの韓国・農心 上半期の米国売上高が過去最高

記事一覧 2020.07.13 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の食品大手、農心は13日、米国法人の上半期の売上高が1億6400万ドル(約175億円)と前年同期比35%増加し、過去最高を記録したと明らかにした。主力製品「辛ラーメン」のシリーズがけん引した。背景に、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたインスタント食品の需要拡大が挙げられる。

「辛ラーメンブラック」(農心提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現地の小売大手ウォルマートでの売上高が前年同期比35%、コストコが51%、それぞれ増加した。インターネット通販大手アマゾンでも79%伸びた。これについて農心は、東洋人だけでなく現地の米国人も即席麺を好んで食べるようになったと分析した。

 製品別には「辛ラーメン」の売上高が前年同期比25%増の4800万ドル、「辛ラーメンブラック」が49%増の1350万ドルだった。

 農心の米国での年間売上高は2016年の1億8000万ドルから年々増加し、19年は2億5400万ドルに上った。

 同社関係者は「辛ラーメンが米国人の胃袋をつかみ、K(韓国)フードブームを主導した」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。