Go to Contents Go to Navigation

地震速報 M3.0~3.5は「安全案内」に変更=韓国

記事一覧 2020.07.13 15:18

【ソウル聯合ニュース】韓国で今月から比較的規模の小さな地震が発生した場合、携帯電話に「安全案内」のショートメッセージが送信される。気象庁が13日発表した。

送信される安全案内のショートメッセージの例(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 震源地が陸地の場合はマグニチュード(M)3.0~3.5で、海の場合はM3.5~4.0で送信されるという。

 これまではM3.0~6.0の地震が発生した場合、「緊急災難(災害)」、M6.0を超えると「危急災難」のショートメッセージが送信されていた。

 M3.0~3.5の地震は被害発生の可能性が低いことに加え、通知までに約4分かかるため、規模の大きい地震と区別するため安全案内のショートメッセージを新たに設けた。

 被害発生の可能性が低い地震の情報を緊急情報として送信して国民を不安にさせるよりも、情報を素早く提供し安全を確保するよう促すことを目的とする。

 気象庁は安全案内のショートメッセージで正確かつ迅速な地震情報を提供して国民の不安解消に努めるとし、「今後も国民が求める良質の地震案内サービスを実現するために最善を尽くす」と強調した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。