Go to Contents Go to Navigation

ソウル市長の元秘書が声明 セクハラ告訴「人間的な謝罪受けたかった」

記事一覧 2020.07.13 16:05

【ソウル聯合ニュース】自ら命を絶った朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長をセクハラの疑いで刑事告訴していた朴氏の元秘書は13日に声明を出し、「勇気を出して告訴状を提出して徹夜で調査を受けた日、私の尊厳を傷つけた人が自ら人間の尊厳を放棄した」と心境を明かした。声明は韓国性暴力相談所のキム・ヘジョン副所長が記者会見で代読した。

火葬を終え、朴氏の故郷である慶尚南道・昌原に向かう遺族ら=13日、ソウル(聯合ニュース)

 朴氏は9日に行方不明となり、10日未明、山中で遺体で見つかった。市長公邸に「全ての方々に申し訳ない」などと記した遺書を残していた。

 元秘書は「多くの人々を傷つけることになるかもしれない思い、非常に迷った」として、「巨大な権力の前で弱い自身を守るため、公正で平等な法の保護を受けたかった」と表明。「法の審判を受けさせ、人間的な謝罪を受けたかった」と訴えた。

 また「まだ(朴氏の死を)信じたくない」として、「故人の冥福を祈る。私と家族に日常と安全が戻ることを望む」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。