Go to Contents Go to Navigation

現代自トップ「25年にEV100万台・シェア10%目標」

記事一覧 2020.07.14 16:40

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車グループの実質トップ、鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長は14日、青瓦台(大統領府)で開かれた国家発展戦略「韓国版ニューディール」の報告大会にテレビ電話で参加し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が打ち出した気候変動に対応する「グリーンニューディール」に関連し、2025年までに世界市場で電気自動車(EV)の売り上げ100万台、シェア10%以上を目指すと発表した。

報告大会でテレビ電話を通じて発言する鄭氏=14日、ソウル(聯合ニュース)

 鄭氏は「未来のエコカー事業は現代自動車グループの生き残りとも関連があり、国のためにも大変重要であるため、必ず成し遂げる」と強調した。

 このほか、燃料電池システムについては3~4年以内に寿命を2倍以上伸ばし、原価は半分に下げた次世代システムを開発して市場をリードすると述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。