Go to Contents Go to Navigation

「ナッツ姫」母に執行猶予付き判決 職員への暴行=韓国地裁

記事一覧 2020.07.14 16:17

【ソウル聯合ニュース】大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの故趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前会長の妻で、自宅警備員ら職員を常習的に暴行した罪に問われた李明姫(イ・ミョンヒ)被告に対し、ソウル中央地裁は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6カ月)、社会奉仕80時間を言い渡した。

出廷した李明姫被告=14日、ソウル(聯合ニュース)

 同地裁は「被告の犯行は、自身の影響下にあった被害者たちに常習的に暴行と暴言を加えたもので罪質は良くない」と指摘。李被告が大企業会長の配偶者という地位にいるのに対し、被害者は運転手や自宅管理者らで、李被告の不当な行為に耐えるしかない立場だったとした上で「社会的な非難を受ける可能性が高い」とした。

 李被告は、大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り滑走路に向かっていた機体を引き返させ「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥(チョ・ヒョンア)大韓航空元副社長の母親。2011年11月から18年4月まで、運転手ら自宅で働く職員9人に対し計22回にわたり声を荒げて暴言を吐いたり暴行を加えけがを負わせたりした罪に問われ、起訴された。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。