Go to Contents Go to Navigation

データダムや知能型政府 デジタルニューディールの5大課題=韓国

IT・科学 2020.07.15 13:42

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は15日の記者会見で、前日に発表した国家発展戦略「韓国版ニューディール」のうち、「デジタルニューディール」の主要内容を説明した。デジタル転換をけん引するため、14万件超の公共データを提供して民間が活用できる「データダム」を構築するほか、ブロックチェーン(分散型台帳)や人工知能(AI)、次世代通信規格5G技術を活用した「知能型政府」で行政サービスを改善し、効率性を高めることなどが柱だ。

政府は14日、国民に向け韓国版ニューディールの報告大会を開いた=(聯合ニュース)

 政府はデジタルニューディールに2025年までに58兆2000億ウォン(約5兆2000億円)を投資する計画。これにより90万3000人の雇用が生まれ、デジタル転換が進むものと期待している。

 デジタルニューディールの五つの代表課題は▼データダム▼知能型政府▼スマート医療インフラ▼社会インフラのデジタル化▼デジタルツイン――だ。

 データダム事業は精密な道路地図、施設建築物の管理情報などの公共データを民間が活用できるようにするもので、来年までに開放可能な公共データ14万2000件を提供する。

 また、知能型政府事業のためブロックチェーンに基づいたモバイル身分証を導入する。まず年内にモバイル公務員証を、来年には一般国民向けのモバイル運転免許証をそれぞれ導入する計画だ。

 公共部門の有線ネットワークは5G無線ネットワークに転換する。既存の個別の情報システムを25年までに民間・公共クラウドセンターにシフトさせ、サイバー脅威への対応力を高めるとともに運営コストも削減する。

 さらに、安全な診療環境を整えるため、5Gネットワークやモノのインターネット(IoT)などのデジタル技術を基盤とするスマート病院を25年までに毎年3カ所ずつ、計18カ所設ける。今年は新型コロナウイルス感染拡大の長期化に備えた感染症対応のソリューションを整える。

 「医院」クラスの医療機関に画像診療装置を支援するなどしてスマート医療インフラを整えるほか、医療界などとの十分な議論を経て非対面医療の制度化にも取り組む。

 国のインフラ管理もAIやデジタル技術に基づくシステムに変えていく。全ての国道や地方の主な幹線道路に次世代の知能型交通システムを構築し、全ての鉄道にリアルタイムで状態を診断するためのIoTセンサーを設置する。

 また、デジタルツイン技術を用いて全国の主な地域と地下空間をデジタル空間に再現させ、国土の安全管理を強化するとともに新産業を支援する。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。