Go to Contents Go to Navigation

韓国の李前首相 ソウル市長のセクハラ疑惑巡り謝罪=真相究明求める

記事一覧 2020.07.15 14:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の前首相で与党「共に民主党」国会議員の李洛淵(イ・ナギョン)氏は15日、自身のフェイスブックに同党所属だった故朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長のセクハラ疑惑について、「国民が感じる失望と憤りに共感している」として、「(セクハラ被害を訴えた)告訴人と国民に謝罪する」と投稿した。

李洛淵氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「告訴人の保護に最善を尽くす」と表明。「警察やソウル市などが責任を持って対処することを望む」と求めた。その上で、「事件の真相が究明されることを望む」とし、「関連するすべての機関と個人が真相究明に協力しなければならない。民主党も最大限協力する」との考えを示した。

 李氏はこれまで朴氏の疑惑に関する言及を避けてきた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。