Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月15日)

記事一覧 2020.07.15 18:00

◇日本製品の不買運動鎮静化? 輸入減少率が改善

 日本政府による対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことによる日本製品の輸入減少傾向が、今年上半期には他地域と同水準まで改善したことが、15日分かった。韓国関税庁がこの日発表した6月の輸出入現況(確報値)によると、今年1~6月の日本からの輸入額は220億ドル(約2兆3600億円)で前年同期間比9.9%減少し、輸入全体の減少率(9.0%減)と同水準だった。

日本からの輸入額の減少率が改善傾向を示している=(聯合ニュースTV)

◇公共用語の外国語表記 日本語指針を追加

 文化体育観光部と国立国語院は、「公共用語の英語翻訳と表記指針」の翻訳対象言語と分野を拡大し、新たに「公共用語の外国語翻訳と表記指針」を制定したと発表した。新しい指針は、韓国を訪れる英語圏以外からの外国人の割合を反映して日本語と中国語にも拡大した。文化体育観光部は「これまで翻訳が難しく、混乱していた飲食店の店主や食品関連の海外進出企業、外国人観光客の不便を減らすことができる」と説明した。

◇コロナ新規感染者39人 市中感染が23日ぶり最小に

 中央防疫対策本部は、15日午前0時現在の新型コロナウイルスの感染者数は前日午前0時の時点から39人増え、計1万3551人になったと発表した。市中感染は減少したが、海外からの入国者の感染確認が増加したため、前日に比べ新規感染者数が増えた。市中感染は今月に入り20~40人台で推移し、3日には52人まで増加したが、今週は10人台にとどまっている。この日は11人で、先月22日(11人)以来23日ぶりの少なさだった。

◇自主隔離違反の日本人に執行猶予付き有罪判決 地裁

 ソウル西部地裁は、新型コロナウイルス対策の自主隔離を守らず、複数回にわたって無断で外出したとして感染症の予防および管理に関する法律(感染症予防法)違反の罪に問われた20代の日本人の男に対し、懲役6カ月、執行猶予2年を言い渡した。男は4月2日に韓国入り。ソウルの西大門保健所から15日までの自主隔離を通告されたが、合計8回にわたり無断で外出した。外国人が自主隔離措置に違反し、逮捕された初のケースだった。

◇故ソウル市長のセクハラ疑惑 市が官民調査団設置し真相究明へ

 ソウル市のファン・インシク報道官は、故朴元淳(パク・ウォンスン)市長のセクハラ疑惑について、女性団体や人権専門家らが参加する「官民合同調査団」を設置し、徹底的な真相究明に乗り出す方針を明らかにした。朴氏の元秘書の女性は8日、セクハラの疑いで朴氏を警察に告訴した。朴氏は9日に行方不明となり、10日未明、山中で遺体で見つかった。市長公邸に「全ての方々に申し訳ない」などと記した遺書を残していた。

◇セクハラ被害訴えた元ソウル市長秘書に「痛烈な謝罪」 与党代表

 与党「共に民主党」の李海チャン(イ・ヘチャン)代表は党幹部会議で、同党所属だった故朴元淳ソウル市長のセクハラ疑惑について、「国民に大きな失望を与え、行政の空白が生じたことの責任を痛感する」として、「被害を訴えている方が受けている苦痛に深い慰めの言葉を伝え、党代表として改めて痛烈な謝罪を申し上げたい」と述べた。 

◇大型海水浴場 25日から夜間の飲酒・飲食全面禁止

 海洋水産部は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、25日から全国21カ所の大型海水浴場で夜間の飲酒と飲食行為を禁止すると発表した。昨年の利用客が30万人以上の大型海水浴場を中心にこうした行政措置を本格施行し、地方自治体、警察などとの合同取り締まりも行う。適用時間は午後7時から翌日午前6時までで、違反者は感染症予防法に基づき300万ウォン(約26万8000円)の罰金を科される可能性がある。

◇「朝鮮戦争の英雄」白善ヨプ氏の告別式 国防相・在韓米軍司令官ら参列  

 朝鮮戦争の激戦地で韓国軍の戦闘を指揮し、「朝鮮戦争の英雄」と呼ばれた故白善ヨプ(ペク・ソンヨプ)元陸軍大将の告別式がソウル峨山病院の葬儀場で営まれた。告別式には、遺族のほか鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官、朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長、在韓米軍のエイブラムス司令官(韓米連合軍司令官兼務)、青瓦台の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長など約70人が参列した。

◇失業率4.3%に悪化 6月では統計開始後ワースト

 韓国統計庁が発表した雇用動向によると、6月の失業率は4.3%で、前年同月に比べ0.3ポイント悪化した。6月としては、統計の作成を開始した1999年以来の高い失業率となった。新型コロナウイルスが雇用に深刻な打撃を与えている。6月の失業者数は前年同月比9万1000人増の122万8000人で、6月としては同じく最多だった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。